いまさら聞けない海外旅行中にスマホでネットを使う方法

海外旅行中でもスマホでインターネットに接続できれば、GoogleやYahooで情報収集したり、マップアプリで位置情報を確認したり、LINEを利用して、家族や友達と連絡を取る事が出来てとても便利です。

しかし海外旅行に行くときに、通信手段を何にするか悩ましいですよね。

どんな方法があって、自分にあった方法はどんな方法なのか?。。この記事では海外旅行中にスマホのネットを使う方法を1からまとめてみたいと思います。

海外旅行中にスマホのネットを使う方法は主に4つの方法があります。
海外旅行のスマホのネット利用についてそれぞれの特色をまとめました。

その1.海外用WiFiルーターをレンタルして利用する。

海外用WiFiルーターでインターネットに繋ぐ仕組み。

渡航先で使えるように設定された小型WiFiルーターをレンタルして海外の通信電波を使いインターネットを利用する方法です。海外専用に設定されているので、日本国内では使えません。

WiFiルーターとはこんな感じの機器です。こちらは、知名度NO.1海外WiFiレンタル「イモトのWiFi」のWiFiルーターです。

このルーターを海外にもって行くと現地の基地局と通信し、お持ちのスマホでルーターのWiFiの電波をキャッチしてインターネットを利用する事ができます。

レンタルWiFiにはパスワードが設定されているのでスマホでパスワードを入力した人のみ使うことが出来ます。

特 長
  • セキュリティ性が高く、定額制プランで通信料も安心。
  • WiFiルーター1台で複数の端末につなげられるので1台借りて仲間とシェアすれば利用料金を割り勘できるので費用が抑えられる。しかし別行動をする際はWiFiルーターを持っている人しか使えない。
  • 各レンタル事業者によって通信容量などに応じてレンタル料金は変わる。

借り方・使い方

レンタル業者のサイトでレンタルの予約・支払いができます。

端末のレンタル方法は主に2つ。
旅行当日に空港で受け取り、空港で返却する方法と郵送で受け取り、返送する事ができる業者もあります。

出発当日に、レンタル業者の空港カウンター等で予約無しの申し込みも可能ですが、在庫が無い場合は借りれないのでネット予約したほうがいいでしょう。

端末をレンタルできたら、海外へ渡航する前に、データローミングをOFF、iCloud等の同期サービスやアプリの自動更新をOFFにする事を忘れずに行いましょう。あとは海外でWiFi設定をしてインターネットに繋げば、現地の回線を使ってインターネットを利用する事が出来ます。

★現地でWiFi接続する準備と設定方法⇒

オススメの海外用WiFiレンタルをまとめました。こちらの記事もご覧下さい。

おすすめ海外用レンタルWiFi

2018.10.12

その2.プリペイドSIMカードを購入して利用する。

プリペイドSIMでインターネットに繋ぐ仕組み。

スマホの中に必ず入っているsimカード。
このsimカードを旅行先で使えるsimカードに差替え、現地の通信を使いインターネットを利用します。

携帯電話会社によってSIMロックがかかっているとSIMカードを差替えても使えません。海外で利用出来るスマホは最初からSIMフリーの端末かSIMロックが解除された端末です。
SIMロック解除はスマホを契約して半年以上経っていれば可能です。SIMロック解除していない場合は事前に手続きをしておく必要があります。
★ネットでSIMロックを解除する方法⇒

SIMカードを差替えている様子。(いつもSIMを取り出す為のピンを忘れてしまいます。。その場合はクリップや爪楊枝でも空けられますよ。)

とても小さいので取り出したSIMカードを無くさない様に入れ替え作業は集中してやりましょう。

SIMカードはサイズが3種類あり「標準SIM」「micro SIM」「Nano SIM」大きさがそれぞれ違うので自分のスマホのSIMカードの大きさと同じ物を選びます。

特 長
  • 現地の通信を使った国内通信の扱いになるので、割安な料金と比較的安定した通信を利用できる。
  • プリペイドSIMは決まった価格で購入できるので使いすぎによる高額請求もなく安心して使える。
  • スマホによってはインターネットのサーバーに接続する為の設定、ANP設定が必要。※最近のiphone等は自動認識してくれるので特に問題ない。
  • 利用する現地の通信方式が対応している端末でないと使えないので確認が必要。
  • 電話番号が変わるので、日本で利用している番号に電話をかけても繋がらない。
  • 現地の通信会社の電波が悪いところは使えない

様々なSIMカードのタイプがあります

データー利用無制限のタイプもありますが、1日あたりの通信量制限や利用可能なデータ総量が決められているものもあります。データ利用に制限がある場合、速度が遅くなったり、ネットが繋がらなくなったりします。また通話ができるタイプや。出来ないタイプもあります。※国によって通話の規制がある場合もあります。

旅行のの利用状況に合わせて選びます。

SIMの購入方法

現地で購入するか、日本で事前に準備するかの2択になると思います。

現地の空港やお店でプリペイドSIMを購入する

ある程度大きい空港であれば、現地の通信会社のカウンターが空港にあります。大体看板にSIMの内容が書いてあるので、空港の到着が営業時間内であれば現地空港で購入することができます。ただ行列が出来ていて並ぶ事もあります。結構みんなスマホを渡して設定までしてもらったりしているので時間がかかるんですよね。

街の規模によりますがコンビニや電気屋さん等で旅行者用のSIMを売っている事もあります。

同行者が居る場合等、現地でモタつきたくない場合は日本で事前に購入してもいいと思います。

日本で事前にプリペイドSIMを購入する

旅行者に人気なのが、多くの国に対応しているAIS SIM2Flyです。値段も安いと思います。
日本も対応地域なので渡航前に設定も確認できますね。

AIS SIM2Flyの情報をまとめました。こちらの記事もご覧下さい。

おすすめ海外用レンタルWiFi

2018.10.12

実際にプリペイドSIMカードを利用した個人的な感想

やはり値段の安さは魅力的なので長期滞在する方や、旅行頻度が高い人には向いていると思います。ただ事前の確認や利用時の設定が面倒な場合もあり、初心者にはハードルが高いと感じました。(最近のiphoneであれば設定は簡単なのでそこまでハードルは高くないかもしれません。)

海外で困ることが無い様に以下の確認をして行ったほうが良いと思います。

・SIMロック解除、SIMフリーのスマホを準備(念のためバックアップをとっておく)
・SIMカードのサイズ・APN設定方法の手順を確認しておく※最近のiphoneは自動認識してくれます。
・現地の通信会社の通信方式(周波数)が使えるか確認しておく。※最近のiphoneはほとんどカバーしています。
・自分の利用状況にあわせたタイプのSIMカードを購入する。

SIMカード初挑戦の方は、できれば事前に日本で現地SIMカードを購入して確認出来たほうが良いと思います。

その3.携帯電話会社の海外パケットを利用する。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯電話会社が提供する海外専用の「パケット定額のサービス」を使ってネットに接続する方法。wifiルーターをレンタルしたり、現地で使えるSIMカードを購入したりする手間も無く、今使っているスマホのみで海外旅行中にスマホのネットを使う事ができます。

特長
  • 電話番号による音声通話が可能。(通話料は有料)
  • 出発前に、携帯電話会社のウェブサイトなどで、パケット定額プランの料金、申込みの有無、内容、利用可能エリア、提携現地キャリアなどを確認する必要がある。

提携していない現地キャリアとつながってしまった場合は高額請求の恐れがあるので必ず事前に準備しましょう。

今までは日本の携帯電話会社のローミングはとても高いイメージがあり、やり方を間違えると高額請求の怖さがありましたが、以前に比べて海外渡航時のローミングは割安に利用できるようになり、利用も簡単になりハードルが低くなりましたね。

準備

今使っている携帯電話会社のパケット定額プランの内容を確認。
(事前に申し込む必要があるものは旅行前に申込みを完了させる※NTTドコモ パケットパック海外オプション以外は事前申込みは不要)
海外パケット定額を現地で利用する為にスマホにアプリをダウンロードしておく。
以下に各サービスのリンクを載せておきます。※2019年1月現在

● ソフトバンク

海外パケットし放題というサービスがあります。
「海外パケットし放題」は海外でもメール、ウェブが定額で利用できるサービス。事前申し込み不要。

アメリカ本土やハワイなどは「アメリカ放題」というサービスが使えます。

● NTTドコモ
2つの海外データ定額サービスがあります。

パケットパック海外オプション
国内でご契約中のパケットパックなどのデータ量が海外でも使えるサービス。※要事前申込み

海外パケ・ホーダイ
海外でのデータ通信料が、定額利用できるサービス。事前申し込み不要。

● au
2つの海外データ定額サービスがあります。

世界データ定額
利用料金を払うと、日本で加入しているデータ定額サービス/料金プランの容量からデータ通信が使えるサービス。事前申し込み不要。

海外ダブル定額
海外でのデータ通信料が、定額利用できるサービス。事前申し込み不要。

その4.現地のフリーWiFiを利用する。

駅、ホテル、カフェなどの施設が、施設利用者のために無料でWiFi環境を提供しているのフリーWiFi。このフリーWiFiに接続する事でネットを使う事が出来ます。

ただし、WiFiルーターが設置されている周辺でしか使えないので使える場所が限られます。
またセキュリティ面でも不安があるのでリスクを十分理解したうえで自己責任で使ったほうが良いです。

無料で提供されているWiFiルーターには適切なセキュリティ設定が行われていない場合があり、スマホが第三者に監視されたり、通信データを盗まれたりする可能性があるので利用する場合はセキュリティーソフトをスマホに入れる等、自己防衛の対策が必要。

以上が海外旅行中にスマホのネットを使う主に4つの方法です。
海外旅行中のインターネット利用は今や当たり前ですが自分に合った、通信手段を見つけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です