済洲島の黒豚通りで名物「黒豚」をたっぷり堪能!

韓国でブランド豚肉として最も有名なものといえば済州島の黒豚!済州島に来たなら黒豚は食べなければ帰れない!という事で黒豚を食べに黒豚通りに行ってきました。

済州島の黒豚通り

済州島で黒豚を食べたいと思った時、検索などで一番出てくるお店は「黒豚家 済州本店」というお店です。「黒豚家 済州本店」も気になったのですが、夕食時だったので行ってみて混んでいたらまた移動しなければならないので、黒豚のお店がいくつも集まっている黒豚通りに行ってみました。

BLACK PORK STREETと書いてあります。なんか英語で書くとカッコいい。
黒豚通りは旧済州エリアにあり、東門市場から徒歩5分という観光客にとっても便利な位置にあります。
空港からタクシーだと20分もかからない程度です。

 
黒豚通りと言っても通りにはお店は10店もないぐらいです。入りづらそうなお店、ちょっと高そうなお店等、各店特色が違う感じなので好みの雰囲気で決めることが出来ます。呼び込みの人も出ていましたが遠くから声をかけてくるぐらいなので嫌な気分はしませんでした。
人出は結構あるので、観光のベストシーズンは混みそうです。
黒豚通りの一番入り口にあったお店が、並ぶまでは行かないけど、お客さんが結構入っていて流行っていたのでこのお店に決めました。

黒豚通りのお店 トムベ豚 (トンヒョンギ)

黒豚通りの角にある広いお店です。あとから判ったのですが日本のどのガイドブックにも載っている有名店です。上の地図はトムべ豚の場所です。

営業時間は11時~0時。結構遅くまでやっているので、飲んだあとの〆の焼肉にもいいかもしれません。

メニューは日本語も書いてあり判りやすかったです。四角で囲ってある黒豚盛り合わせセットを頼みました。680gで64000w(6400円)です。あとはしめの冷麺4000w(400円)も頼みました。そしてマッコリ5000w(500円)とチャミスル4000w(400円)

 

おかずも色々付いてきました。鉄板が斜めになってお肉の脂が落ちる構造になっています。お通しなのか、セットの一品なのか判らなかったですがゆで豚がきました。脂が柔らかく美味しい。

分厚い黒豚がドーンとやってきました。いつも最初はこの量食べれるか不安になるんですが食べ始めると全然いけちゃうんですよね。因みにこの日は3人で行きましたが少し足りなく思えるぐらいでした。

キムチは斜めの鉄板の下で肉の脂を受ける形で焼くと美味しいようで、周りの韓国の人たちは皆やっていました。焼きあがったお肉をはさみでカットして、エゴマの葉やレタスで巻いて食べます。済洲島の黒豚、間違いなく美味しいです。

周りの韓国の人たちはお肉を少し残しておいて、ご飯を頼んで鉄板で焼き飯にしてもらっていました。
その手があったか…。気づいた時にはお肉を全部食べてしまっていたのであきらめました。

しめの冷麺。スーっと食べれてスッキリします。麺は細く弾力があります。マスタード&からしは最初付いてなかったですが定員さんに言ったら持って来てくれました。味を変えてさらに美味しい!
 

芸人のサンドイッチマンが来ていましたよサインが外の壁にありました。ミシュランガイドにも選ばれたお店の様です。ブランド肉なのにリーズナブルに食べれる黒豚通りのトムベ豚。おすすめです。

当たり前ですがお店の中の煙で服にガッツリ匂いが付くので対策して行ったほうがいいですよ。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ

使い放題なのに安い!

海外旅行の際、通信手段にいつも悩みますが、韓国に持っていくレンタルWiFiは韓国データに決めています。
おススメする理由はコスパがいい!有名な他社とシュミレーションで比較しても断然安いです。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ!韓国DATA(データ)に決めた!

2019.02.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です