韓国 釜山へ「国際市場で逢いましょう」ロケ地を巡ってきました!

釜山国際映画祭なども行われる釜山はいろいろな映画のロケ地になっています。日本でも木村拓哉さん主演の映画「HERO」もロケが釜山が使われていたようです。この時、釜山に訪れたのは2017年。お正月休みを利用して弾丸旅行です。せっかく釜山に行くのだから韓国映画で予習をしようと思い。映画「国際市場で逢いましょう」を見て行きました。

映画「国際市場で逢いましょう」


国際市場で逢いましょうDVD

映画「国際市場で逢いましょう」はファン・ジョンミン演じる主人公ドクスの人生を描いた物語です。この映画は韓国映画歴代2位という動員数ということで単純に計算すると4人に1人は見た計算…?それは凄い記録です!

韓国の激動の歴史の中を生き抜いてきた人々の様子がリアルですごく興味深かったです。また昔~現在にわたって釜山の様子が描かれいて、これから釜山旅行に行く前に見るにはぴったりの映画だと思います。

余談ですがファン・ジョンミンさんをはじめて見た時に、「貴乃花親方に似てない?」といったら奥さん「はあ?」って怒られました。

ファン・ジョンミンさんは韓国でも大ヒットの映画『新しき世界』『哭声』等に出ている韓国屈指の演技派俳優です。僕は『傷だらけのふたり』が一番好きです。哭声の悪魔祓いの踊りはインパクト大です。

「国際市場で逢いましょう」のロケ地

まずは映画のタイトルにもなっている国際市場にいきました。
国際市場はなんだか懐かしさを感じる市場で、地下鉄1号線のチャガルチ駅の近くです。服、布、食器、電球など生活必需品に必要な物がいろいろ売っている庶民的な市場です。

主人公、ドクスの店のモデルとなった「コップニネ」というお店。今は靴下とか生活用品が売っていました。旅行者が買うものはあまり無いかも知れないです。映画を見たからちょっとテンション上がりますが、知らない人は素通りしちゃうでしょう。

やはり韓国映画歴代2位という動員数の映画だけにロケ地巡りでくる韓国人の旅行者も多いいのでしょうか、みんな看板の写真を撮っていました。お店の看板に映画の写真が入っています。

一応地図です。

次に向かったのが映画の最初に出てくる南浦洞(ナンポドン)のBIFF広場。写真はBIFF広場付近の通りです。南浦洞はお正月はイルミネーションがとても綺麗です。

クリスマスのディスプレイを年始まで使っているのかな?

映画には他にもチャガルチ市場や釜山港も出てきます。釜山の港町の雰囲気を感じることが出来ます。

 

映画「国際市場で逢いましょう」の舞台は他にも龍頭山公園の釜山タワーなどもあります。南浦洞の光復路のメインストリート沿いにあるエスカレーターで公園に行けます。

今回、釜山ゆかりの映画を見て行ったお陰で予習ができて旅行がより楽しくなった気がします。
これからは旅行先が決まったら旅行先ゆかりの映画を探して見たいと思います。
旅行から帰った後でも映画で「ここ行ったところだ!」って復習が出来る楽しみもあります。

釜山に行く際は韓国映画「国際市場で逢いましょう」で予習をおすすめします!


国際市場で逢いましょうDVD

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ

使い放題なのに安い!

海外旅行の際、通信手段にいつも悩みますが、韓国に持っていくレンタルWiFiは韓国データに決めています。
おススメする理由はコスパがいい!有名な他社とシュミレーションで比較しても断然安いです。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ!韓国DATA(データ)に決めた!

2019.02.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です