台湾のおすすめレンタルWiFiはこれ!台湾DATA(データ)に決めた!

台湾は近い事もあって気軽にいける海外ですよね。日本からも多くの観光客が訪れています。僕も年に1回ぐらいのペースで台湾には遊びに行っています。昨年末も台湾・高雄に行ってきました。

海外旅行に行く時、いつも悩むのは通信手段を何にするか!
海外旅行中でもスマホでインターネットに接続できれば、GoogleやYahooで情報収集したり、マップアプリで位置情報を確認したり、LINEを利用して、家族や友達と連絡を取る事が出来てとても便利です。

今は1人で行く場合はSIMカードにする事もありますが複数人でいく場合はWiFiレンタルにする事が多いいです。そんな時、台湾でWiFiレンタルをする時は必ずこちらに決めています。

台湾に行くときにはダントツでおススメのWiFiがこちら!

台湾データです。台湾データは、グローバルモバイル社が運営する台湾専用のポケットWiFiレンタルです。

海外旅行用のレンタルWiFiといえば有名なのがイモトのWiFiやグローバルWiFiがあります。やはりサポートが24時間体制だったり空港での受取り拠点数が多かったり安心感がありますが台湾データにしてからは台湾は絶対に台湾データにしています。

ダントツで台湾データをおススメする理由はコスパがいいからです。

韓国も同じ理由で同じ会社がやっている韓国データを利用しています。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ!韓国DATA(データ)に決めた!

2019.02.06

台湾データのオススメの理由

価格が安い

料金プランは簡単で1日590円のデイリープランか、1ヶ月15,000円(1日約500円の計算)のマンスリープランの2つです。オプションと保険をつけなければ、
かかるお金はコレだけです。郵送で届けてもらう場合の往復宅配料や空港で受け取る場合の手数料は基本的に無料です。※羽田空港での受取のみ手数料がかかる。

安定した通信

台湾の最大手の通信会社である中華電信の広い通信エリアを利用できます。中華電信は電波中継基地局が他の通信会社より多く台湾全土を広くカバーしています。そして通信容量も多く、速度が早い4G LTEで通信できます。他社の安いプランは通信速度が3Gのものだったりして4Gになると値段が上がります。

データ利用完全無制限

使い放題で利用制限はありません。また5台同時に接続できるので友達や家族とWiFiをシェアできます。僕も旅行中、スマホと仕事を少しするのにパソコンと接続してもなんなく使えました。動画や画像送信ももちろん出来るので、旅行中に友達に写真を送ったり容量を気にせずに出来るのがありがたいです。

ポケットサイズ

最新型WiFiルーターでサイズが58mm×96.8mm×17.3mmで重さもわずか75g。持ち歩きが楽でいいです。

口コミがいい

ネットでの口コミを見ているとやはりコスパがいいと評判です。値段だけでなく台湾旅行での通信状況はおおむね安定していたと高評価です。ただ田舎や地方になると、繋がりにくかったという意見もあるようです。

使ってわかった台湾データの注意点

借りれないことがある!

結構前から台湾データを知っていたのですが、1度、在庫が無くて借りれませんでした。
旅行者が多いい時期は在庫が無くてこの期間は受付を停止しています。
なんて事があるので旅行に行く際は早めの予約をオススメします。しかも旅行の1ヶ月以上の前の予約であれば早割りで10%OFFなので絶対早目がお得です。

1日中外出する時は予備バッテリーが必要!

これはドコのWiFiルーターにもいえる事ですが、1日中外出する時はWiFiルーターの充電が持たない場合があります。

サイトでは最大10時間ってなっていますが、個人的には10時間は持たない印象です。外出が長時間になる時は使わない時間は消して充電節約したり、荷物が増えちゃいますが、オプションで1日100円の予備バッテリーを借りるか、自分で携帯充電機を持っていったほうがいいです。そして就寝前に端末の充電は必ずしましょう。

あとサイトが古め!?

正直この感じ嫌いじゃないんですけど(笑)、派手な感じが結構前からリニューアルして無い感じがします。それはいいんですが申し込み方がわかりにくい気がします。なのでこのあとで紹介しています。

⇒台湾データのサイトを見る

その他

成田空港、羽田空港、中部国際空港(セントレア)、関西空港の4空港のみです。※羽田のみ受け取り手数料がかかる。そのほかは無料。その他の発着空港を利用する人は宅配での受け取りになります。※宅配往復送料無料

実際にシュミレーションをすると一目瞭然

僕も念のためWiFiを借りる際は、各社掛かる価格のシュミレーションを絶対しますが、そのたびに台湾データがダントツ安いな!となります。是非旅行前にシュミレーションで比較するのがいいと思います。

シュミレーションは簡単!

こちらのリンクからシュミレーションができます。
⇒台湾データの料金シュミレーションしてみる

出た画面に利用予定を入れるだけで簡単に料金のシュミレーションが出来ます。

他社との比較

同じ条件で他社とも比較してみるのが一番いいと思います。

台湾ではなく他の地域なら個人的に一番おすすめ
⇒jetfi(じぇっとふぁい)のサイトで料金を確認する

知名度No1
⇒イモトのWiFiのサイトで料金を確認する

こちらも有名。
⇒グローバルWiFiのサイトで料金を確認する

僕の場合は以下の条件のシュミレーションでやった場合…

【2泊3日・保険をつける・4G・1GBか無制限】

台湾データは2,370円でした。

完全同じ条件ではないですが大体同じような条件でJetfiは無制限だと4,890円。イモトのWiFiだと4,752円。グローバルWiFiは4,142 円。とかなりの価格差が出ました。

もちろんWiFiを選ぶには価格だけでは無いと思います。サポート体制や借りられる空港が多かったりも大事だと思いますので各社比較するのが良いと思います。

台湾データの申込み方法がわかりづらかったので画面で紹介しています。

申込み方法(PC)

申込みは料金シュミレーションとは別です。

サイトにアクセス
⇒台湾データのサイトを見る

上のメニューの申込み方法をクリックすると出る画面の

当ホームページのお申込みフォームからお申込み下さい。の文字リンクをクリック申込みフォームに移動します。

詳細を記入し申し込みます。

申込み方法(スマホ)

サイトにアクセス
⇒台湾データのサイトを見る

トップページのページの中腹にある
ご利用の流れの①お申込みの所にある、お申込みフォームのテキストリンクから申し込みます。(わかりづらい…)上の画像の緑で囲ってるところです。

詳細を記入し申し込みます。

台湾に持っていくレンタルWiFiは台湾データに決まり!

海外旅行に行く時、通信手段をどうするかいつも悩みますが台湾に持っていくレンタルWiFiは台湾データに決めています。

やはり利用制限無しなので容量を気にしてホテルのWiFiに切り替えたりする必要もなく快適です。

その上、価格が他者と比べて断然安くなるからです。

業者自体はイモトのWiFi等から比べると、あまり有名ではないですが台湾データを運営する株式会社グローバルモバイルは創業13年とレンタルWiFi会社としては歴史があるので信頼性も十分にあると思います

台湾に旅行に行かれる際のWiFiレンタルの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか


オプションでAI翻訳機のPOCKTALK(ポケトーク)のレンタルも出来るので次回は試しに使ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です