済州島の3大瀑布の「正房瀑布」「天地淵瀑布」に行ってきた

火山の噴火で出来た済州島は自然の宝庫です。島の南部には「天帝淵瀑布」「正房瀑布」「天地淵瀑布」と呼ばれる3つの滝があり、済州島の3大瀑布と呼ばれています。

今回は西帰浦(ソグィポ)エリアにある天地淵瀑布、正房瀑布に行ってきました。

マイナスイオンたっぷり天地淵瀑布

天地淵瀑布(チョンジヨンポッポ)の天地淵とは神の池という意味を持つ言葉で、玉皇上帝に仕える7人の天女が玉の笛を吹きながら地上に降りてきてこの池で水浴びをしたという伝説が残っています。

韓国語で書くと천지연폭포です。

ここは天然記念物として保護された森で、珍しい植物や木々の森になっています。天地淵瀑布までの道はこの森の1kmの散策路に沿って歩きます。
滝は高さ22m、滝つぼの水深は20mです。滝も天然記念物に指定されており、大ウナギが居ることで有名です。

天地淵瀑布の地図

島の南にあるバスターミナル、西帰浦市外バスターミナルから天地淵瀑布まではタクシーで10分ぐいらいで着きました。

天地淵瀑布の様子

天地淵瀑布の入り口は広い駐車場の奥にあります。広い駐車場には日本の高速道路のパーキングみたいにお土産物や食事が出来るお店があります。

コンビニもカフェもありました。

 

ハラルボンジュース(日本で言うデコポン)が済州島の石像トルハルバンの容器に入って売っていました。またおでん等の軽食も露天で出ていました。

駐車場の一番奥にチケット売り場がありました。入場料は大人2,000W、子ども1,000W

営業時間:9:00~22:00(入場は21:20まで)で夜はライトアップがあるみたいです。

 

色んなところにトルハルバンが居ます。この日の水はとても綺麗でした。カモも気持ち良さそうに優雅に泳いで居ました。

チケット売り場から滝までの道は平坦で舗装されているので歩きやすいです。3大瀑布の中では一番行きやすい滝だと思います。川沿いを散策しながら歩くのが気持ちいいです。細長い公園の一番奥に滝があります。徒歩10程で滝に到着します。

 

途中の案内板には日本語でも解説が書いてあるので、川や滝の事について勉強することが出来ます。ここは天然記念物、大ウナギが生息する貴重な場所としても知られています。

滝はその時の水量によって全然景観が変わりますよね、雨が降った後は水量は多く滝は迫力がありますが水が濁っていたり…この日はちょっと迫力的には寂しい滝でした。

でも池の色が透明でとても綺麗です!マイナスイオンを感じられます!

世界でも珍しい海に直接落ちる滝!正房瀑布

次に訪れたのは正房瀑布(チョンバンポッポ)です。海に直接流れ込む滝は珍しく貴重なのだそうです。高さ23mあります。

韓国語で書くと정방폭포です。

正房瀑布の地図

天地淵瀑布から正房瀑布まではタクシーで移動しました。天地淵瀑布の駐車場に2台ほどタクシーがいましたが常に居るかは判りません。5分ぐらいの乗車で着きました。

西帰浦市外バスターミナルからだとタクシー約15分です。

正房瀑布の様子

 

正房瀑布のチケット売り場には天地淵瀑布同様に広い駐車場があります。
入場料は大人2,000W、子ども1,000W

営業時間は夏季と冬季で変わりそうです。9:00~18:00(最終受付17:30)、冬季は日没迄の様です。街灯などは無いようでしたので、足元が暗くなる時間には閉まっているようです。

 

チケット売り場を抜けるまでは滝は見えません。チケットを購入して進むと奥に滝が見えてきます。手前の松の木とのショットは水墨画の様です。

 

滝に近づくには急な階段を下りていかねばなりません。途中、海女さんでしょうか、採った海産物をその場で食べることが出来ます。ナマコやサザエの様な新鮮な海産物をその場で食べることが出来ます。

ゴツゴツした大きい岩の先には海が広がります。

 

滝の近くまでは舗装された道でも行けますが、岩場を歩くには相当足場が悪いです。

到着しました!迫力あります!
間近で滝を眺められます。ごう音と水しぶきが滝の迫力を演出します。
晴れた日は太陽の光が反射して虹が出ることもあるようです。

下から見上げる滝も素晴らしいです。滝から落ちた水は向かいの海に流れていきます。
海岸瀑布は珍しく、貴重ということなので一見の価値アリです!

帰りは当然降りてきた階段を上っていかなければならないです、降りるときより急に感じました。。エレベーター等は無さそうです。岩場を歩いたり、階段が急だったり結構ハードですので気合が必要です。

天地淵瀑布ではタクシーが客待ちしていましたが正房瀑布の駐車場にはタクシーがいませんでした。
タクシーアプリ(kakao taxi)ですぐ捕まりましたが。タクシーで来た際は待っていてもらってもいいかもしれないです。正房瀑布の所要時間は30分以上は見たほうが良いと思います。駐車場にはおみやげ物屋さんが数店ありました。

天帝淵瀑布

最後に済州島の3大瀑布の天帝淵瀑布(チョンジェヨンポッポ)をご紹介します。
今回は行けなかったのですが、天帝淵瀑布は第1段、第2段、第3段と、連続する3段の滝から形成されており、滝を見ながら散策することができます。

韓国語で書くと천제연폭포です。

天女が沐浴した伝説が残る美しい滝で済州島最大の滝です。

ロッテホテル、済州新羅ホテルから徒歩圏内にあるので行く人も多く、3大瀑布の中では一番メジャーかもしれません。

入場料は大人2,500W、 子供1,350Wです。

渓谷には天女の姿を彫りこんだアーチ状の橋が架けられていて橋からは漢拏山も眺めることが出来るみたいです。

3つの滝壺までは階段の上がり下がりが続く様です。

※上記の写真はAC photoより利用しています。

天帝淵瀑布の地図

済州島最大のリゾートエリアの中文(チュンムン)にあります。
中文リゾートはロッテホテルや済州や済州新羅ホテル等のリゾートホテルが建て並び、済州国際空港から空港リムジンバスで約50分程の場所にあります。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ

使い放題なのに安い!

海外旅行の際、通信手段にいつも悩みますが、韓国に持っていくレンタルWiFiは韓国データに決めています。
おススメする理由はコスパがいい!有名な他社とシュミレーションで比較しても断然安いです。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ!韓国DATA(データ)に決めた!

2019.02.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です