釜山 金海(キメ)国際空港から電車で市内に出る行き方

大阪から釜山まで飛行機が1時間くらい遅れて到着したのが日曜日の夕方、空港の観光案内カウンターのお姉さんに聞いたところ「渋滞するかも」との事だったので、今回は電車で市内まで行ってみることにしました。

因みに前回きた時は空港から釜山駅付近のコモドホテルまで行くのにタクシーを利用しましたが12000ウォン(約1200円)ぐらいでした。釜山は日本とは比べ物にならないぐらいタクシーが安い!南浦洞まででも15000ウォン(約1500円)ぐらいでは行けるみたいなので朝や夕方以外の渋滞しない時間帯であればタクシーが簡単でいいかもしれません。(空港に止まっている黒塗りの模範タクシーは高いです。)

 

白やシルバーの普通のタクシーと黒塗りの模範タクシー。

今回は電車で市内まで行ってみた様子をレビューします。

※記事の中の為替レートは1W(ウォン)約0.1円で計算しています。

市内の主な街に電車で行く方法

西面駅まで行く場合

金海軽電鉄に乗り、沙上駅で地下鉄2号線に乗り換え西面駅に行きます。

金海軽電鉄(空港から停車駅は3駅 約7分 現金14000w 約140円)、沙上駅で降りての地下鉄乗り場まで徒歩5分、地下鉄2号線(停車駅8駅 約15分 現金14000w 約140円)沙上駅から西面駅まで。結局空港から西面駅まで40分かかりました。価格は28000w×2人で56000w(約560円)!安くすみました。

南浦駅までいく場合

金海軽電鉄に乗り、沙上駅で地下鉄2号線に乗り換え西面駅に、西面駅で地下鉄2号線に乗り換え南浦駅に行きます。

金海軽電鉄(空港から停車駅は3駅 約7分 現金14000w 約140円)、沙上駅で降りての地下鉄乗り場まで徒歩5分、地下鉄2号線(停車駅8駅 約15分)沙上駅から西面駅行きます。西面駅で地下鉄1号線に乗り換え、地下鉄1号線(停車駅8駅 約15分)トータル30000w(約300円)

海雲台駅までいく場合

金海軽電鉄に乗り、沙上駅で地下鉄2号線に乗り換え海雲台駅に行きます。

金海軽電鉄(空港から停車駅は3駅 約7分 現金14000w 約140円)、沙上駅で降りての地下鉄乗り場まで徒歩5分、地下鉄2号線(停車駅24駅 約45分 現金16000w 約160円)沙上駅から海雲台駅まで。トータル30000w(約300円)

※2019年1月現在の情報です。金額など変わっている場合があります。
※T-money等の交通系カードを使うと乗車ごと10円ぐらい安いです。

実際に空港から金海国際空港から西面駅まで電車で行きました。

金海(キメ)軽電鉄で沙上(ササン)駅まで

金海国際空港の1階到着フロアの頭上に軽電鉄の案内が出ているのでその案内にしたがっていけば簡単に行けます。
英語:Busan-Gimhae Light Rail

到着フロアを外に出て、タクシーやバス等が並んでいる大きな道路を横断歩道で渡り、右に150mぐらい進むと金海軽電鉄の駅があります。

 

途中、運動器具があります。アジアは香港も台湾も外に運動器具が沢山置いてあっていいですね。
そこからさらに進んですぐに入り口があります。

これが入り口。意外と地味です。入るとすぐに券売機があります。

券売機の右上に日本語の変換ボタンがあるので日本語で切符を買う事ができます。
券売機も日本語で案内してくれます。

日本語になってから沙上をタッチ。現金14000w 約140円の案内が出たのでお金を投入。

 

紙の切符ではなくトークンが出てきました。改札口の黄色い部分にトークンを当てると入ることが出来ます。

 

空港で5分も待たずに電車が来ました。昼間の時間帯だと10分おきぐらいで運行されています。

派手な車内!車両の外のラッピングも派手でした。車内はテレビ画面には大きめの音で楽しげなコンテンツが流れていました。

釜山金海軽鉄道は無人の自動運転です。そういえば改札口にもホームにも駅員さんは居なかった!
車両は2両しかありません。

写真はめっちゃ悪いですが、帰りの電車にはなにやらキャラクターは1席使ってました笑
なんか楽しい電車です。

空港から沙上駅まで停車駅は3駅、7分ぐらいですぐ着きます。外の景色は釜山の山間が綺麗に見えました。

 

沙上駅で降りて改札を出ます。帰りはトークンを入れるところがあるのでそこにトークンを入れます。

沙上駅で地下鉄2号線に乗り換え

 

改札を出て左。乗り換えのために地下鉄に向います。

 

階段を降りてさらに下に続く階段を降りて案内に沿って歩いていきます。
軽鉄道を降りての地下鉄乗り場まで徒歩5分ぐらい歩きました。結構遠い…。

地下鉄2号線で西面駅に

5分歩いてようやく地下鉄2号線の乗り場に到着。券売機がありました。

 

こちらも日本語変換があるので日本語を押して2号線をタップ。駅を選ぶ画面になるので

 

行き先の駅をタップ。お金を投入して購入完了です。

 

今度は紙の切符が出てきました。改札ではかざしてみましたが何も起きず…
普通に切符を機械に入れて入るパターンでした。。。


今回我々は西面駅までなので、停車駅8駅 約15分で到着しました。座れましたが地下鉄は結構混んでいました。夕方はやっぱり混んでいます。釜山の地下鉄の座席は硬かったです。

T-moneyカードが使えれば便利(なハズが…)

T-moneyとは日本のSUICA、PASMOのようなカード型乗車券で、釜山の地下鉄・バスの乗車降車がワンタッチででき、切符購入のわずらわしさなどが無い便利な交通系カードです。

加盟コンビニで買う事ができ、価格は2,500ウォン~ 約250円~(デザインによって価格が異なります。)別にチャージ金額を伝えてカードにチャージします。

事前にT-moneyの情報は知っていたので、せっかく電車乗るなら試しに買ってみようと思い到着ゲートを出て左側のセブンに言って定員さんに聞いたところカウンターの下を覗いて、NO、SOLD OUT…といわれちゃいました。空港で売り切れって…結構みんな買うと思うけど…

という事で今回はT-moneyはあきらめました。

次回は買ってみよ…。

金海軽電鉄の乗り場付近にもコンビニありましたが、T-MONEY CARD SOLD OUTの張り紙が!
ここも売れ切れかい…

他にも「マイビカード」と「ハナロカード」といった交通カードが釜山では普及しているようですが、今回は現金で行く事にします。

感想

今回は目的地が西面駅だったので空港からは1回乗換えで行く事が出来ましたが、南浦にいく場合は2回乗り換えしないといけないので電車だとちょっと大変かもしれないです。

釜山はタクシーもリーズナブルなのでホテルが駅に近く無い場合等もタクシーがいいかなと思いました。

ただ値段は断然電車が安いし、渋滞もないので
市内に出る選択肢の1つに良いと思います。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ

使い放題なのに安い!

海外旅行の際、通信手段にいつも悩みますが、韓国に持っていくレンタルWiFiは韓国データに決めています。
おススメする理由はコスパがいい!有名な他社とシュミレーションで比較しても断然安いです。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ!韓国DATA(データ)に決めた!

2019.02.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です