電車がない済洲島でバスを乗りこなす!

済州島は電車がないため移動はバスかタクシーになります。韓国はタクシーが日本に比べて断然安いのでタクシーも利用しやすいですが、距離がある所にいく場合はコスト的になかなか簡単には使えません。

そんな時、済州島ではバスを利用します。済州島はバス路線が発達していて島の全方向にバスが通っています。

済州の空港周辺にある旧済州・新済州を巡る観光客向けのシティーバスもあれば、世界自然遺産の城山日出峰がある済州島東部、火山景観を堪能できる済州島西部、天地淵瀑布や天帝淵瀑布等の滝がある済州島南部もバスで行く事が出来ます。

ぐるーっと一周することも出来ちゃいます!済洲島でバスを乗りこなして旅行を楽しんで下さい。

空港でバスのマップをゲットする

済州空港に到着したら、先ずマップをゲットする事をおススメします。

到着ゲートを出たところの真前に観光案内所があり、色んなパンフレットが置いてあります。

案内の人が居る時もありますが、日本語は通じませんでした…。

各種パンフレットは日本語対応してる物も多いいので旅の情報をいろいろ仕入れることが出来ます。

 

済州市(空港周辺)を周ってるJEJU CITY TOURの日本語のパンプレットもありました。
9時~17時の間、各バス停に1時間間隔で回っています。空港は0分発です。詳細は日本語サイトで確認できます。JEJU CITY TOURの日本語サイト

そして観光周遊バス以外にも島内を走るバスマップを入手しておくと便利だと思います。

急行及び主要幹線バス路線図があります

上の写真は英語ですが日本語と韓国語のマップ両方貰うといいと思います。韓国語はハングル語の形でバス停等に書いてある文字とあわせられるので。役に立ちます。

日本語のマップがこちらにありました。(済州観光公社のブログ)

このマップは急行バスや観光に便利な循環バスの路線がまとめられているので、かなり便利です。

例えば城山日出峰のほうに行くには急行バス111番、112番に乗ればいける!等、事前に確認しておくといいかもしれないですね

T-MONEYカードをゲットする

済州島のバスやタクシーに乗るにはT-MONEYカードがあると便利です。

T-MONEYとは日本のSUICA、PASMOのようなカード型乗車券で、韓国の地下鉄・バスの乗車降車がワンタッチででき、切符購入や小銭を用意するわずらわしさが無い便利な交通系カードです。

韓国旅行の必須アイテムといっても過言ではないT-MONEYカード。交通機関だけではなく主要コンビニでの支払いにも使えるので旅行中大活躍です!T-MONEYの端末があれば現金で払い戻しも可能です。

コンビニで購入できます。(取り扱いがないコンビにもある)
T-MONEYカード自体の価格は2,500ウォン~( 約250円~)※デザインによって価格が異なります。別にチャージ金額を伝えてカードにチャージします。T-MONEYを発音する時は「ティモニ~」と言えば大体通じます。

バスに乗る前と降りるときにカードを読み取り機にかざして「ピッ!」と音が鳴ればOKです。日本のバスと同じ位、簡単に使えます。

空港のコンビニ(国内線ターミナルのほう)でも販売していました。

空港は全ての急行バスが止まる

町と町の間を行き来する路線バスは旅行者には少しハードルが高いかもしれませんが、空港を通る急行バスであれば案内版や車内放送で日本語が使われている場合が多いので利用しやすいと思います。空港は全ての急行バスが止まり、空港から出発して済州の全地域を1時間以内で行く事ができます。

空港の到着ゲート出るとバス乗り場が並んでいます。マップで乗りたい番号のバス停を確認して探します。

空港リムジン600番

中文/西帰浦方面に向う「空港リムジン600番」はメジャーなホテル前に止まるので利用する方も多いと思います。

乗り場は5番ゲートを出て左に行ったところにあります。

中文リゾートまでは約50分。4,500W(約450円)、T-MONEYカードならカードをかざすだけで乗り降りできるので簡単です。西帰浦KALホテルが終点で所要時間は空港から80分程です

西帰浦市外バスターミナルにピンポイントでいきたい場合は600番のバスより182番の急行バスに乗ったほうが早いです。

済州市外バスターミナルはバス旅の拠点に便利

空港同様、ほとんどの急行バスが止まるので旅の拠点には便利な場所です。空港から急行バスで1駅でつきます。僕たちも済州市外バスターミナルの近くに宿を取りました。

済洲島のアスターホテルはバスターミナル近くで便利

2019.03.04

しかし済州市外バスターミナルは旧済州エリアや新済州エリア等の繁華街から少し離れているので、バス旅を利用する方には便利な場所ですが繁華街に行くには不便です。

 

急行バス以外にも幹線バスも走っています。済州市外バスターミナルの看板には日本語の案内がほとんどなく、空港よりも難易度が上がります。チケット販売の方も英語ができなかったので地図を開いて「ここに行きたい!」と伝えてバスを教えてもらいました。

 

済州市外バスターミナルにはなんだかシュールなオブジェがあります。なんだかノスタルジー…早くバスが来るといいですね。。。

済州市外バスターミナルの場所

今回の旅行では何度もバスに乗ったのですが、なんとなくわかった頃に旅が終っちゃいました。是非、済洲島でバスを乗りこなして旅行を楽しんで下さい。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ

使い放題なのに安い!

海外旅行の際、通信手段にいつも悩みますが、韓国に持っていくレンタルWiFiは韓国データに決めています。
おススメする理由はコスパがいい!有名な他社とシュミレーションで比較しても断然安いです。

韓国のおすすめレンタルWiFiはこれ!韓国DATA(データ)に決めた!

2019.02.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です